船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:レンズのお話( 55 )

S-9.25 vs Yコンセプト

e0153425_13503634.jpg

S-9.25というと周辺部は、なかなか分厚いレンズです。

それでも、こんなにすっきりまとまりますよ!
というお話です。

こちらのお客様は、PD(瞳孔間距離)も62㎜と、
標準的なデータです。

フレームは、YコンセプトのYC-03。
特別小さな玉型でもありません。

e0153425_13511957.jpg


ただ、鼻幅がたっぷりあるので、
レンズの内寄せは少なくて済みます。

つまり、分厚い周辺部を
たっぷり、ごっそりそぎ落とせるのです。

e0153425_13513743.jpg


その結果、ここまですっきり仕上がりました。

レンズの厚みが気になる方は、
どうぞお気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2016-07-25 13:41 | レンズのお話

30年ぶりの表舞台


いつもご夫婦でおいでいただくお客様、
今回は、奥様のご依頼でした。

パソコン用に中近両用がほしい、
とのことです。

うかがえば、もうお使いになっていない、
昭和60年お買い上げのフレームもお持ちとのこと。

e0153425_1521317.jpg


拝見すると、とても丁寧にお使いなので、
そのフレームにもうひと働きしてもらうことに。

当時は、ガラスレンズが入っていました。
薄いブラウンカラーの最先端のレンズでした。

e0153425_15214960.jpg


とはいえ、ガラスは、やはり重いですね。
各所を磨きなおし、見事によみがえりました。

お宅に古いメガネフレームは眠っていませんか?
玉型が大きく時代を感じさせるかもしれません。

でも、そういう玉型は、中近両用には、
とてもお使いいただきやすいと思います。

レンズの設計にもよりますが、
遠方部分もたっぷり確保できる可能性があります。

パソコン、読書のシーンを快適に過ごしたい、
そうお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

古いフレームにも再び活躍してもらえることでしょう。
by funamotomegane | 2016-06-19 15:21 | レンズのお話
e0153425_0224757.jpg


こちらでも紹介したOWPのフレーム
サングラスでお買い上げいただきました。

少し大ぶりなデザインが、
サングラスにもピッタリです。



サングラスの色は、基本的に、
お好きな色をお選びいただけばいいと思います。

目にいい色、
としてブラウン系が紹介されることもありますが、

濃い色になると、グリーンやグレーの方が、
目には楽かもしれません。

一方、イエロー、オレンジ系など、
コントラストを高める色もあります。

ご要望に応じて、アドバイスさせていただきますが、
お色の種類はどうぞお好みで!

ただ、「濃さ」には、意外な落とし穴があります。

カラーサンプルをご覧いただくとき、
運転用など濃い色をご希望でない場合、
多くの方は、薄めの色をお選びになります。

でも、特にグラデーションカラーの場合、
染色時の技術的な問題で、上ほど濃くなります。

ご安心ください。その部分の濃さは、
気になさらなくていいと思います。

e0153425_0231814.jpg


フレームに合わせてレンズを削るとき、
その部分は、削り落としてしまいます。

その結果、予想より明るい仕上がりになります。
なんだか物足らなく感じる方もいらっしゃいます。

e0153425_023373.jpg


このお客様の場合も、
濃すぎてかける場所を選ばないかご心配でしたが、
出来上がりはこの通り、とても上品に仕上がりました。

濃い色のサングラスがほしい季節ですが、
淡い色で通年お楽しみいただくのもいいと思います。

どうぞ、お気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2015-07-31 00:24 | レンズのお話

ヴァリラックス・サロン

e0153425_16545543.jpg

ニコン・エシロールから
究極の中近累進レンズの登場です。

中近両用レンズのご相談を受けるとき、
お話をよくうかがうと、行動的な方が多く、
PCやデスクワークと同様、あるいは、
それ以上に外出時間が多い傾向があります。

そのため、船本眼鏡店では、
敢えて、中近両用にこだわらず、
使い勝手の良い遠近両用をお勧めしてきました。

実際、中近をお求めいただいても、
つい、外にかけて出かけて困る、
というかたも何人かいらっしゃいました。

そこで、ヴァリラックス・サロンの登場です。

一言で言えば、長い累進帯の採用で、
歪み、ひずみを軽減し、
快適な視野を広く確保しています。

e0153425_16552555.jpg


通常のアイ・ポイントで、
すでに20%の加入が始まり、
PCにちょうど使いやすい度数になります。

さらに、9mm上方に遠用度数を設定されているので、
すこしずらし気味にかけることで、
遠くもくっきりすっきり見えます。

アイ・ポイントから下方へは、
通常の遠近両用レンズのように、
13mmでのころ80%の加入度数が入ります。

つまり、累進帯長
9+13=22mmの遠近両用レンズということで、
遠方もはっきり見るためには、
約30mmの天地(上下)幅が必要です。

(累進帯長9+11=20mmの設定もあり、
その場合は、28mmの天地が必要です。)

e0153425_16554366.jpg


今までの遠近両用と比べると、
少々フレームの制限はありますが、
この快適さは、今までにないものです。

初めての遠近両用にもおすすめ!
お気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2015-05-25 16:55 | レンズのお話

単に度数のみをオーダーするのではなく、
お使いいただくメガネフレームの玉型のデータから、
最善の設計でオーダーするシステムが、
ニコン・エシロール社のプレカール加工です。 

遠視、老視のように、
凸レンズで矯正する場合とても有効です。
e0153425_16163274.jpg

今回、偶然プレカール加工をしないレンズが届き、
正しく再作した、まったく同じ度数のレンズを
同時に並べて比較することができました。
e0153425_16172535.jpg

ごらんのようにこれだけ厚みが違います。
e0153425_16174114.jpg

中心厚のデータも2mmも違います。
e0153425_16213494.jpg


e0153425_1622134.jpg

これだけ厚みが違うと重さも片側 3.4g差が出ます。
e0153425_16221127.jpg


左右で 6.8g、
e0153425_16222577.jpg

これは、500円硬貨1個分とほぼ同じです。
鼻の上にいつも500円硬貨を乗せていると考えると、
その負担が想像いただけると思います。


さらに、プレカール加工は、
特に遠視系の累進屈折力レンズでは、
薄く軽くなるだけでなく、
近用処方における正しい瞳孔間距離(PD)の設計ができるため、
より、快適な遠近両用眼鏡が出来上がります。

たとえば、処方箋の遠用PDにあわせて眼鏡を作るのは、
最低限の常識ですが、近用PDまで忠実に反映している眼鏡は、
実は、あまり多くはありません。

それは、遠方視のPDと近方視のPDが、
多くのレンズで自動的に決められるからです。

ヴァリラックスSの場合、
遠用度数と近用度数などのデータから、
最善の設計でレンズが出来上がるだけでなく、
遠用PDと近用PDの処方データを
個別に反映させることも可能です。

近くのものを見るとき、
人の目は自然に「寄り目」になります。
これを「輻輳」と呼びますが、この寄り具合は、
年齢や度数によって、個人差があって、
正確でより快適な眼鏡を作成するためには、
遠方視、近方視、さらに、左右別々に、
細かく測定するのが理想です。

船本眼鏡店のヴァリラックスSにお任せください。

今まで遠近両用レンズで満足いただけていない方も、
きっとご満足いただける自信があります。


(H)
by funamotomegane | 2014-05-15 16:22 | レンズのお話

コンテスでサングラス


午年イチオシのブランド、コンテス。

ホースヘアーモチーフも鮮やかな、
CM601モデルを
サングラスとしてオーダーいただきました。
e0153425_1703665.jpg

カラーは、グレイスパープル50%のハーフ

とても上品なサングラスに仕上がりました。
e0153425_1705396.jpg

色の名前に続く数字は、可視光線のカット率、
つまり、この数字が大きいほど、濃くなります。

ハーフ染色でレンズの染色をオーダーいただく場合、
カラーサンプルでお選びいただく濃さより、
1ランク濃いものをおすすめしています。

サンプルでご覧いただく色の濃さは、
レンズの一番上の濃い色が印象に残りますが、
眼鏡として仕上げる段階で、ほとんどの場合、
その部分はカットされてしまいます。

仕上がって見ると、なんだかもの足らない。
そんな感想を持たれる方が多いからです。

こちらのお客さまの場合も、
当初、35%をお選びでしたが、
提案にご納得いただき、50%でおつくりし、
とてもご満足いただきました。

レンズの染色は、
なかなか答えが見出しにくい問題ですが、
どうぞ、何なりとお問い合わせください。


(H)
by funamotomegane | 2014-03-04 17:01 | レンズのお話
e0153425_17564498.jpg


アックスのオーバーサングラスを褒めたら、
シルエットの営業クンが、ウチのもいいですよ、
と、持ってきた。

シルエット社のフレーム専用の
クリップオンサングラス。

以前は、玉型に合わせてオーダーする、
パーソナルなものでした。

が、このシリーズは違います。

サングラスは、ざっくりかけようよ!

そんな声が聞こえてくるスタイル。

ご承知の通り、シルエット社の縁なしフレームは、
ネジを使わない、とても軽いフレームで、
眼鏡そのものの存在感は、とても控えめでした。
e0153425_17572313.jpg

それが、このクリップオンを装着すると、
e0153425_17573060.jpg

ここまで変身できます。
e0153425_17573794.jpg

ドライブ中も広い面積で光の侵入を防ぎ、
トンネルに入っても大丈夫。
e0153425_17575768.jpg

すぐに外すことができます。
e0153425_1758459.jpg

デザインは、5種類、
是非お手にとってお確かめください!


(H)
by funamotomegane | 2014-02-25 17:58 | レンズのお話

とてもコンパクトなYC-02ですが、
ヴァリラックスのトップグレード、
ヴァリラックスSでおつくりしました。

ヴァリラックスエキスパートならではの、
スペシャルなレンズです。

e0153425_16203396.jpg

Hさまにお許しを頂き、掲載させていただきました。

こう見えて、上下幅が32mmあるので、
実は、無理なく余裕の遠近両用です。

e0153425_1620473.jpg


モデルYC-04(パープル)も入荷!
ますます充実のラインナップです。

e0153425_1621688.jpg


新しい発想のYコンセプト、
是非、お手にとって、お確かめください。


(H)
by funamotomegane | 2013-09-06 16:25 | レンズのお話

レンズの重さ比べ

e0153425_18204651.jpg


ショパールのフレームを
新しくお買い上げいただいたのを機に、
11年お使いいただいた、ガラスレンズを、
プラスチックに交換していただきました。

ショパールのフレームは、
それは落ち着いていて、
しかも華やかなモデル969ですが、
今回はむしろレンズのお話です。

11年お使いいただいたフレームは、
コンテス6002で、とてもいい状態で、
まだまだお使いいただけます。

残念ながら、レンズの度数は、
大きく変化してしまわれたので、
フレームをおつかいいただいて、
レンズのみの交換もさせていただきました。

ガラスレンズの重さは、どうしても重く、
レンズ1組2枚で、25.2gでした。

e0153425_18205859.jpg


ところが、プラスチックレンズですと、
フレームと一緒で、21.4g!!

e0153425_18211049.jpg


レンズだけより軽いメガネです。

また、このコンテス6002は、
少し磨き直すだけで、、
11年も使ったとは思えない輝きです。

古いかな、と思われるメガネも、
お気軽にご相談ください。


(H)
by funamotomegane | 2013-07-23 18:21 | レンズのお話
e0153425_18533134.jpg


これからの季節、
サングラスは眼を守ってくれる、
心強い味方です。

私どもで扱うレンズは、
無色透明でも、ほぼ100%UVカット。

眼に有害な紫外線対策は、万全です。

でも、可視光線(眼に見える光)の刺激も、
実は、疲れ目の大きな原因になります。

度付きのサングラスをお持ちいただくと、
アウトドアには、ピッタリです。

やはり、度付きのオーダーレンズで、
お好きな色、濃さに染めた、
身体にあったサングラスをお使いいただきたい。

そういう理由で、既製品のサングラスは、
あまりおすすめしてきませんでした。

でも、ドライブ中、トンネルに入ったり、
森林浴のときなどは、むしろ邪魔になります。

そんなとき、
クリップでお持ちのメガネにセットする、
前掛け+跳ね上げ式サングラスはいかがでしょう?

今お持ちのメガネにすぐ装着できて、
邪魔になったら、カラーレンズを跳ね上げて、
元のレンズでご覧いただけます。

e0153425_18534675.jpg


様々な種類をご用意していますので、
お気軽にお問い合わせください。
(¥3150~ )


(H)
by funamotomegane | 2013-05-10 18:54 | レンズのお話