船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:眼鏡学校( 37 )

e0153425_1611214.jpg


プレゼンテーションの練習として、『芸術』の授業では、
自分の好きな作品を紹介してもらいます。

小説、映画、と徐々にハードルが上がって、
今回は音楽作品を発表してもらっています。

トップバッターは、H君。
中高時代、ブラバンで金管楽器の経験があるそうです。

取り上げたのは、M.ラヴェルの『ボレロ』。
フランス近現代の名曲です。

驚きました。
その完成度に。

思わず、以前に発表する機会があったか聞いたほど。
芸大や音楽学部の研究発表でも通用するレベルです。

基本構造や背景、楽曲分析をコンパクトにまとめ、
『ボレロ』の魅力を見事に伝えてくれました。

私からは、楽器の構成と時代背景について、
少し補足した程度でした。

今までも私の知らない作品を教えてくれて、
世界を広げてくれる生徒が何人もいました。

これだから、この授業はやめられません。

自分の好きな世界を人に伝えるという作業は、
コミュニケーション力のアップにもなります。

楽器の経験は、アドバンテージになりますが、
未経験でも熱意と言葉で乗り越えることができます。

次週の発表も楽しみです。
by funamotomegane | 2016-06-30 16:11 | 眼鏡学校

実習生

今週から眼鏡学校の実習生を受け入れています。

e0153425_11252281.jpg


S君です。

営業の皆さんからもイケメンと評判です。

穏やかでおとなしくてまじめです。

実習期間は、7月半ばまで。

いつものオッサンではなく、
若いイケメンが居るのは今だけ!

是非!お立ち寄りください。w
by funamotomegane | 2016-06-24 11:25 | 眼鏡学校

カローレ(CAROLE)


学校からすぐ近くに菩提池という名の池があり、
その周辺は、遊歩道のある公園になっています。

そのほとりに、新入生歓迎会でいただいた、
美味しいピッツァのお店があります。

駅から近くもないのに、いつも賑わっていて、
夜も予約が必要だということです。

店内には、イタリア製のピッツァ窯がありますが、
せっかくの季節なので、外でいただきました。

e0153425_2219216.jpg


新緑が美しく、気持ちのいい風が吹きます。

ランチのピッツァセットは1000円前後ですが、
二人でシェアするランチセットにしました。

e0153425_22192749.jpg


前菜に、本日のパスタと

e0153425_22194897.jpg


モッツァレラチーズとドライトマトのマルゲリータピッツァです。

e0153425_22201858.jpg


焼きたての本格的なピッツァは、さすがです。
テイクアウトして、公園で食べるのもありです。

e0153425_22205948.jpg


生徒たちが、毎日通うというわけにはいきませんが、
たまには、こういうランチもいいですね。

気分は、地中海。
もっとも、学校に戻るのが嫌になるでしょうけど。
by funamotomegane | 2016-06-02 22:21 | 眼鏡学校

加工室の風景

e0153425_0441790.jpg


手摺りの加工機がずらりと並ぶ加工室。

e0153425_0445985.jpg


もちろん、最新の機械もありますが、

基本は手摺りです。

私も現役時代、丸いレンズを正方形に仕上げ、
4面どこでも安定して立てることができるよう、
徹底的に仕込まれました。

整然と並んだ箱。

e0153425_0455578.jpg


カギ箱といいます。

ガラスレンズをレンズカッターで切った後、
手摺り仕上げの前に切断面を整える器具です。

力の入れ方を誤ると、ピンッと割れてしまいます。
ときには、怪我もします。

箱の中は、この通り。

e0153425_0465768.jpg


切断されたレンズ片と
カギ落とされたレンズの粉でいっぱい。

このレンズの破片は、
工場で溶かされ再生されます。

フィッティングやプラスチックフレームの加工、調整には、
温風機を使います。

e0153425_0504024.jpg


昔は、電熱器も使ったので、
加工室でもちょくちょく発火していました。w

温風機だからといって、
油断は禁物。

e0153425_0514589.jpg


そうそう、多目的教室には、
レンズメーターが並んでいます。

e0153425_0525799.jpg


望遠鏡式のいわゆるアナログです。

現在の眼鏡店や医療現場で使われているのは、
ほとんどがデジタルレンズメーターでしょう。

デジタルメーターは、速く、確かに正確ですが、
いわばブラックボックス。

光学がわかっていなければ、
ただ、データに振り回されるだけです。

アナログでピントを合わせることで、
光学の基礎もたたき込みます。

そうすることで、眼鏡技術者に必要なスキルが、
確実に身に付きます。

いまどきめったに見ないガラスレンズ。
全自動加工機全盛のご時世に手摺りの特訓。

手前味噌ですが、アナログな、一見、時代遅れな、
この過程を学んだ技術者こそ、
本当の「眼鏡屋」になれると思っています。

誰もいない加工室で、30年前を思い出し、
つい、熱く語ってしまいました。


おまけ。

e0153425_0535797.jpg


バルタン星人にも寛大です。
by funamotomegane | 2015-09-26 00:54 | 眼鏡学校

スリムな鳩時計

船本眼鏡店には、鳩時計があります。

大きくもないし、のっぽでもありませんが、
すらりとスリムで、店になじんでいます。

一番気に入っているのは、錘(おもり)を巻き上げる、
機械式の振り子時計という点で、
鳩の仕掛けも錘を使った機械式です。

時計と鳩の動力源となる錘は、
一度巻き上げると、1週間動き続ける働き者です。

その、鳩時計が、動かなくなりました。

いろいろ試してみましたが、
原因は分かりません。

でも、大丈夫!
日本眼鏡技術専門学校には、
時計のエキスパートもいらっしゃいます。

K先生に修理をお任せして1週間ほど。
見事に復活しました。

30分に1回
正時に時間の数、鳩が出てきて鳴きます。

え?
鳩に見えない?

そうなんです、手彫りの鳥は、
鳩ではなさそうです。

カッコウでしょうか?

でも、「スリムな鳩時計」という呼び名もお気に入りです。


どうぞお気軽にお越しください♪


by funamotomegane | 2015-05-24 17:49 | 眼鏡学校

卒業式

e0153425_153730100.jpg


私も講師を勤める、
日本眼鏡技術専門学校で、
卒業式がありました。

昼からは、グランフロント大阪で、
謝恩会が開かれました。

e0153425_153851.jpg


最上階のゴージャスなレストランです。

e0153425_15384754.jpg


卒業生が、『アナ雪』の余興をし、
在校生と講師たちの送別動画も披露され、
盛り上がってきます。

そして、一番若い卒業生、
N君のスピーチが始まります。

雄弁ではありませんが、
心のこもった、とてもいいスピーチでした。
と、事務室のラスボス、Tさんが号泣。

e0153425_1539879.jpg


つられてN君も号泣。

e0153425_15393581.jpg


3年間が、実り多いものであったことが、
二人の涙からよくわかります。


4月になると、早々に入学式。
授業もまもなく始まります。

新しい年度も2コマ/週、担当します。

店の営業には支障のないよう勤めます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。
by funamotomegane | 2015-03-09 15:40 | 眼鏡学校

採点 2013年後期期末

e0153425_17364484.jpg


期末試験の採点中です。

記述問題が多いので大変。

暗記問題は、ほとんど全員が正答でした。

点数配分が上手く行ったので、
明日には、報告できます。(^^)V



で、いよいよ、新作発表です!

どうぞ、お楽しみに!!


(H)
by funamotomegane | 2014-02-16 17:37 | 眼鏡学校

卒業式

e0153425_18291574.jpg


今日は、眼鏡学校の卒業式でした。

講師や来賓の方が多いような式場ですが、
若い眼鏡技術者が巣立ってゆきました。

厳しいことを言うと、
彼らを卒業させるのは不安です。

もっと教えたかったですし、
彼らは、まだまだ吸収できたと思います。

世間が眼鏡を「雑貨」と扱うこの時代に、
まさに荒波の海に送り出す気分です。

日経新聞までもが、効率化のために視力測定を
秒単位で管理するという眼鏡の量販店を
「経済界のベンチャー」と持ち上げるご時世です。

あきれてものも言えません。

が、黙っていてはいけないとも思っています。

私どもは地方の小さな眼鏡屋ではありますが、
お客さまに医学的にも光学的にもあったメガネ、
正しいメガネを提案し続けていきたいと思います。

若い眼鏡技術者を送りだしながら、
私自身が思いを新たにした卒業式でした。


(H)
by funamotomegane | 2011-03-04 18:43 | 眼鏡学校

採点

e0153425_17582969.jpg


ご紹介したい、新しいフレームもいくつかあるのですが、
子供たちの入試と私の授業の試験で忙殺され、
久しぶりの更新になってしまいました。

m(_w_)m

30分で潔く(?)退出する学生もいましたが、
ほぼ全員が、2教科、70分、
いっぱいいっぱいまで集中して受験しました。

採点が終わり、これから成績を出すところですが、
この学年も真面目な学生が多く、小細工は不要、
私の講義は二科目とも追試、レポートなしです。

価格破壊と利潤追求が、
あたかも正義のような時代にあって、
若い彼らが、メガネの正しい在り方を学んでくれるのは、
同業者としても心強いです。


さて、私も忙しさのせいにばかりしないで、
新しいフレームをご紹介したいと思います。

御期待下さい。


(H)
by funamotomegane | 2011-02-06 18:09 | 眼鏡学校
e0153425_22491051.jpg


先々週から眼鏡専門学校の後期の授業が始まりました。

業界資格、認定眼鏡士SS級の資格を取るためには
日本に5校ある眼鏡専門学校を卒業しなくてはいけません。

残念なことに、眼鏡士の資格は国家資格ではないので、
無資格でも、何の勉強もしていなくても、
眼鏡屋をすることはできます。

でも、昔医療器具だったメガネを、何の知識もなく扱っていいのでしょうか。

無資格者がメガネを扱っている国は少数です。

業界ではもう何十年も眼鏡士を国家資格に、と国に働きかけていますが
なかなか実現しません。

そのため作ったのが、業界独自の資格、認定眼鏡士です。

(H)は今年も眼鏡学校で講師をします。
そのため金曜日の午前中はお店の方は留守にしています。
ご了承のほどよろしくお願いします。


(の)
by funamotomegane | 2010-09-25 23:01 | 眼鏡学校