船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:眼のお話( 18 )

e0153425_17375060.jpg


9月になったばかりではありますが、
眼の愛護デーのお知らせです。

一 一
〇 〇

数字の10を縦に書くと
人の眉と目に見えませんか?

というわけで、10月10日は、
眼の愛護デーです。(^_^)v

運転免許をお持ちの方は、
定期的に視力検査の機会がありますが、
年に1度は、眼科の受診をお勧めします。

眼の病気の多くは、気付かないうちに、
痛みもなく、静かに進行します。

自覚症状が出たころには、
かなり進行しているかもしれません。

特に中高年になると、
眼もくたびれてきます。

メガネの度数も合っていないかもしれません。

近視の方は、40代以降、
近視が弱くなる傾向にあります。

ちゃんと合わせためがねでも、
いつの間にか強くなっているかも。

強すぎるメガネは、眼精疲労の原因となります。

この機会に、お近くの眼科での受診をお勧めします。
by funamotomegane | 2015-09-04 17:38 | 眼のお話

眼の本、メガネの本

e0153425_1744538.jpg

最近、よくお問い合わせをいただくのが、
「青色光(ブルーライト)」と「メラニンレンズ」です。

みなさんが、目の健康に留意なさっている様子、
眼精疲労でお困りの様子がうかがえます。

結論から申し上げますと、「メラニンレンズ」は科学的に十分実証されているとは言えないようです。「サングラス」で日焼けが抑えられるなら、画期的ではあるのですが、いまのところ、国内の有名メーカーで生産しているところはありません。

一方、「青色光」は、レンズメーカー各社が、新製品を出しています。もちろん、度数対応です。それでも、お話は単純ではありません。

青い色の光の影響に対する理解はともかく、その青い光を、反射するのか、吸収するのかでメーカーの対策が分かれます。

また、どのメーカーも小声でしか発表していませんが、「ゴースト」が発生します。確かに、室内でのご使用には問題はなさそうですが、うっかりそのまま外へお出かけになったり、クルマを運転なさったりすると、違和感、不快感をお感じになるかたもいらっしゃると思います。

インターネットで色んな情報が簡単に手に入る時代ではありますが、それらの情報の取捨選択は、やはり自己責任ということになるようです。私どもでは、その判断のお手伝いが出来ればと考えています。

私どもの店には、メガネや目に関する専門書、医学書も備えてあります。
どうぞ、お気軽にご利用くださいませ。



(H)
by funamotomegane | 2012-07-06 17:44 | 眼のお話
e0153425_1616381.jpg


昨日の朝刊折り込み広告に見つけました。
片目をふさいだモナリザ。

以前、拙ブログでも記事にした、
加齢黄斑変性の啓発広告でした。

簡単な自己検査で、
早期に発見できます。

e0153425_16184949.jpg


片目ずつ、この格子をご覧ください。

違和感があるようでしたら、
眼科の受診をお勧めします。

安易に考えて放置すると、
失明の原因にもなりかねません。

以下のサイトで同じ資料が得られます。

http://www.kareiouhan.com/

この機会に、おじいちゃん、おばあちゃんに
チェックしてもらってはいかがでしょう?

進行した黄斑変性は、
残念ながらメガネでは解決できませんので。



(H)
by funamotomegane | 2012-05-29 16:17 | 眼のお話

加齢黄斑変性症のお話

e0153425_17535943.jpg


本来、目の病気は、眼科にご相談いただくべきことですが、
最初のご質問を店頭でいただくことがあります。

日本眼鏡技術専門学校では、
そういうケースに備えて、一般的な眼疾患の講義にも、
相当な時間を割いています。

もちろん、店頭では、断定的なことは申し上げませんが、
医学書を代りに引いてさし上げる程度のアドバイスは、
いつでもできるように準備しています。

たとえば、黄斑変性症と言う病気は、
中途失明にいたる最大の原因といわれていますが、
早期の発見で、ずいぶん改善されるようになってきました。

ネット上でも、たくさんの情報が流れていますが、
ご自身で、ちょっとしたチェックをすることで、
早期に発見が可能な病気でもあります。

私どもでおつくりしたメガネで、
よく見えるようになった、
と、喜んでいただくことのほか、
よく眼科の受診を勧めてもらったと、
お客様やお医者様からお言葉をいただくのも、
私たち眼鏡技術者の大きな喜びです。

ちょっとしたことでも、どうぞお気軽にご相談ください。



(H)
by funamotomegane | 2010-10-05 18:11 | 眼のお話
e0153425_21333989.jpg


今朝のNHKのワイドショー「あさイチ」の「キラキラ40」のテーマは女性ホルモンでした。

40歳くらいから女性ホルモンが減ってきたり、バランスが崩れたりして、いわゆる更年期障害が起きるそうです。

番組に、肩こりや頭痛に苦しむ女性がでて、ホルモン補充療法を受け、体調がマシになったと言われていました。
でも、頭痛はとれないのだそうです。

それを聞いて、メガネで治るのではないか・・・と思いました。
40歳といえば、30代に比べて体力も筋力も落ちてきて、年取ったな008.gifと思う年頃ですよね。

その筋力とは腕や脚の筋肉だけでなく、目のピントを合わせる筋肉の力も含まれます。
つまり、老眼が始まる、ということです。

近視の方はそれほどつらくはないのですが、
「今までメガネなんかかけたことない!」とおっしゃる方、要注意です。

もしかしてあなたの目は、ピントを合わせる力が落ちているのに、
無理に無理を重ねてピントを合わせているのかもしれません。

そしてその無理がかさんで頭痛や肩こり、吐き気などを引き起こしているのかもしれません。

ぴったり合ったメガネをかけていただくことで、目の負担が減り、
いろんな不調が治るかもしれません。

(の)
e0153425_21505216.jpg

by funamotomegane | 2010-05-27 22:36 | 眼のお話

読書用メガネ

e0153425_18364611.jpg


(H)は、ゆるい近視なので、
裸眼での読書もある程度できます。

でも、メガネ屋の親父が、
そんな横着をするのは、大問題です。

(の)によく叱られます。

加工や細かい作業には、焦点距離の短い、
作業用のメガネを使いますが、
読書用のメガネは、持っていませんでした。
遠近両用のメガネで、十分だったからです。

ところが、最近になって、
文庫本を読む機会が増えてきました。

遠近両用メガネで長時間文庫を読むと、
なんだか疲れるようになってきました。

頭では、理解できていて、
お客様にも説明させていただいていますが、
自分の問題として感じるようになってきました。

ためしに、テストフレームにテストレンズを組んで、
読書用メガネをセットしてみました。
楽です。楽ちんです。

e0153425_18493832.jpg


度数的に、理屈の上では、
遠近両用の近用度数と同じでも、
読書用メガネがあったら、とても楽です。

私の遠近両用メガネは、遠用重視タイプで、
近用視野が、やや狭い設計です。

近用重視タイプの遠近両用にするか、
いっそ、読書専用を持つか、
後期中年、思案の春です。


(H)
by funamotomegane | 2010-03-30 18:50 | 眼のお話

既製老眼鏡のお話

(H)は、今年度後期から眼鏡学校で教えています。
金曜日の2限、10:50~12:00まで70分です。

その1年目の学生たちの中にも、
ちゃんと答えることができない学生がいて、
ちょっとショックだったのですが、
既製老眼鏡は、目によくありません。

以前、既製老眼鏡についての、
公的機関の調査に協力したことがありますが、
人の眼は、左右同じ度数という人の方が、
はるかに少ないのです。

しかも、PD(瞳孔間距離)、つまり、
左右の目の幅は、
広い人で66mm
狭い人だと52mmでした。

既製老眼鏡は、左右同じ度数で、作られ、
PDは、60mm~62mmの設定が多いようです。

これは、いいかえると、
ぴったり合う人がほとんどいない
ということです。

ところが、銀行や郵便局においてある老眼鏡でも
役に立たないわけではありません。

光を曲げ、網膜にピントを合わすという効果は、
ある程度期待できるからです。

しかし、人の眼は、左右別々に調節できません。

見えたと思っているその瞬間も、
どちらかの眼には、合っていないことになります。

ですから、安易に既製老眼鏡をお求めになることは、
健康上からも、とてもおすすめできません。

人は必ず、老眼になります。
手足の筋肉が、年齢とともに衰えるように、
眼の中のピントを合わす筋肉もくたびれてくるからです。

病気でもなんでもありません。
不安がらず、面倒がらず、
是非、ちゃんとした検査をお受けください。

既製老眼鏡で
頭痛、吐き気、イライラを起こす人が、とても多い、
という事実にご注目いただきたいと思います。

e0153425_1913736.jpg


フナモトでは、いつでもすぐに検査できます。

お気軽にお立ち寄りください。



(H)
by funamotomegane | 2009-10-12 19:03 | 眼のお話

気づきにくい目の病気

e0153425_18143721.jpg


新緑が目に眩しい季節です。
風もさわやかで、
店に閉じこもって仕事をしているのが、
正直、哀しいようなときもあります。w

でも、休みません。
商売というよりは、義務感から休めないのです。

昨日の記事でも書きましたが、
メガネの具合が、おかしい、
かすんで見える、
度数が変わったらしい、
そう言ってお見えになるお客様も多いのですが、
度数のチェックなどをさせていただくと、
メガネの度数の問題ではないことが、たまにあります。

実は、今年になってからもお二人のお客様に眼科の受診をお勧めし、
診察で白内障と緑内障が見つかりました。

特に緑内障のように自覚しにくい病気の場合、
気がつけば、視野欠損が、相当進んでいることもあり得ます。

早期発見のためにも、見え方が気になるときには
どうぞお気軽にご相談ください。


(H)
by funamotomegane | 2009-05-10 19:11 | 眼のお話
e0153425_1939268.jpg


私も録画で、この番組を見ました。

あいかわらず、危機感をあおり過ぎるようにも思うのですが、
いままで、取り上げられなかったのが不思議なくらいです。

私が眼鏡学校に通っていた22年前、
すでに、この問題は、眼鏡技術者の常識でした。

原因のわからない頭痛や吐き気、
不定愁訴にまとめられていたような症状が、
内科ではなく眼科を受診し、
メガネで解決した例は、枚挙にいとまがありません。

当時、私は、(の)も書いていますが、
「隠れ斜視」ではなく「斜位」と習いました。
斜視や斜位は、眼科や視能訓練士のお仕事ですが、
眼鏡店の簡単な検査でも眼位のチェックはできますので、
疑わしい場合は、すぐにメガネをお作りするのではなく、
眼科の受診をお勧めしています。

常々思うのですが、
眼鏡店の仕事は、
メガネを買っていただくだけではありません。

「見る」ことの違和感からご相談いただき、
眼科の受診をお勧めして、
原因となる症状や病気がわかることもよくあります。

まずは、お気軽にご相談ください。

健康情報は、
必要以上に怖がらず、しかし、決して侮らず、
正しく理解することが大切です。
フナモトは、そのお役にたてればと思っています。


(H)
by funamotomegane | 2009-05-08 19:40 | 眼のお話

隠れ斜視と隠れ遠視

e0153425_036530.jpg

(画像は朝日放送HPより)

5月5日の朝日放送/最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学、
ご覧になりましたか?

目の疲れの原因を徹底解明!完全対処法SP
『本当は怖い目の疲れ~瞳に隠された恐怖~』

というテーマの放送でした。
見逃された方は
http://www.asahi.co.jp/hospital/
こちらをどうぞ。

眼の疲れの大きな原因に
「隠れ斜視」・・・眼科では「斜位(しゃい)」といいます
「隠れ遠視」・・・遠方を見るときに調節でカバーできる遠視のことです
があり、眼の疲れが自律神経失調症を引き起こすこともある。

ということを、わかりやすく、ショッキングにまとめていました。

カバーテストのやり方も紹介されましたので、
実際に試されて、「私は隠れ斜視だった・・・」
とショックを受けた方もいらっしゃると思います。

でも、「隠れ斜視(斜位)」は珍しくもなければ、怖がる必要もありません。
眼精疲労のひどい方は、一度斜位が原因ではないか、疑ってみられたらいいと思います。
そうでない方は気にする必要はありません。

それよりも要注意なのが「隠れ遠視」です。
若い頃は隠れていた遠視が、筋力の衰えとともに隠すのが大変になり、
眼精疲労・肩こり・頭痛・めまい・吐き気などを引き起こすことがあります。

遠視が原因であれば、適切なメガネをかけていただくことによって、
それらの辛い症状がよくなることもあります。


当店でももちろん基本的な検査をさせていただきますし、
番組で分かりにくかった点などについて、詳しくご説明もさせていただきます。
ぜひ、ご相談にご来店ください。


(の)
by funamotomegane | 2009-05-07 01:19 | 眼のお話