船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タイのデモ

タイのデモ隊によって国際空港が閉鎖されました。
臨時便で無事帰国できた方もいらっしゃいますが、
大変な損害や迷惑を被られたかたもいらっしゃると思います。

メガネ業界でも、タイに主力工場を置くレンズ会社では、
製品を輸送できず、レンズの供給が滞り、
お客様にご迷惑をおかけする事態になっているようです。

その点、わたくしたちの店でお勧めしているニコンエシロールのレンズは国内の工場で作られていますので、
今回のデモで、お客様にご迷惑をおかけせずに済みました。

もちろん、ニコンエシロールのレンズにも、
国外の工場で作られているレンズもあり、
それらはお手ごろ価格でお求めいただけます。

行き過ぎた利益追求から、行き過ぎた海外進出を推進すると、
日本では想像もできない事態が起こり得るということを、
今回の事態は、教えてくれたように思います。


(の)
by funamotomegane | 2008-11-29 21:35 | レンズのお話

フレアー 864

今年の展示会で導入を決断したモデルです。
「導入」だなんて大げさな、とお思いでしょうか?

実は、この表現には、わけがあります。

e0153425_18262419.jpg


フレアー社は、もともとドイツのメーカーで、
繊細で、個性的なふちなしフレームのパイオニアでした。

ところが、このフレームは、
フレアー社のデザインによる日本製です。

シルエット社にも少数ながら「ジャパンモデル」とよばれる、
日本製のフレームがあり、営業マンの熱意に負けて、
一度だけ仕入れたことがありました。

が、結果は、予想以上の不評でした。



以前から、

おたくのシルエットは、よそで見るのとなぜ違うの?

というお客様のお言葉をちょうだいしていました。

それは、オーストリア製にこだわり、
敢えて日本人向けに作られた日本製を避け、
時には、輸入元が輸入しないモデルまでも、
オーストリア本国に発注してきたからなのです。

残念ながら鼻のパーツに限りますと、
本国のオリジナルフレームは、
日本人に合わせにくいこともありました。

それでも、シルエットらしさの薄まった、
他の日本製のフレームと変わらないものを
『シルエット』のブランドだけで扱うのは、抵抗があります。

現在では、ヨーロッパ製のフレームにも、
日本向けの鼻のパーツを用意してくれるようになりましたので、
本国の洗練されたデザインと機能重視で、
自信を持って、Made in Austria をお勧めしています。

そういう経緯から、「日本製」の『フレアー』には、
どうしても抵抗がありました。
e0153425_1826386.jpg


しかし、ご覧ください。
繊細で大胆なデザインと、上品でありながら華やかな色使い。

このデザインなら、日本製でも安心してお勧めできる。
そう確信したのが、この「モデル864」です。
by funamotomegane | 2008-11-24 23:19 | フレームのお話

子供用のフレーム

私のメガネ歴は小学5年生からですので
何十年にもなります。

私の子供のころは、クラスのメガネ率も高くなく、
メガネをかけるのはあまり嬉しいものではありませんでした。

それでも、ぼやけていた視界がメガネのおかげで
くっきりはっきり見えるようになった感激は今でも覚えています。
それと、初めてお世話になった眼鏡屋さんがやさしいおじさんで、
フィッティングに時間をかけて、とても丁寧に合わせてもらって嬉しかったことも。


ただあの時代、子供用のフレームの種類が限られていて、
選びようがなかった悲しさも覚えています。
セルのマルっぽいのか、四角っぽいの、
色はオレンジ系かピンク系、
選択肢はそれくらいでした。

今では子供用のフレームも多種多様で、
「選ぶ楽しさ」も感じていただけるようになりました。


e0153425_2362877.jpg

デンマークのメーカー「リンドバーグ」
フロントの上下、テンプルの左右の色が違ってカラフル!
うちの娘のメガネデビュー(小2)はこのフレームでした。

e0153425_237673.jpg

「キッズハーモニー」 国産ですが、ビビッドな色遣い
そのうえフロントもテンプルも、表と裏面は色違いです。

e0153425_2373264.jpg

「メガネ」といえば「ハリーポッター」!!
ハリーポッターのメガネもあります。


こだわりのおしゃれさんにも、
きっと満足していただけます(^^)v
                                      

(の)
by funamotomegane | 2008-11-22 23:42 | フレームのお話

秋のショウウィンドウ

ハロウィンが終わってショウウィンドウからカボチャが消えました。
アドベント、クリスマスまでの約1ヶ月、秋らしく飾ってみました。

e0153425_17272995.jpg


私のメガネ(7544)のシリーズのディスプレイに、
ミニチュアのウェッジウッドを並べました。by 紀子

ケーキ皿の上のケーキは、
例によって、紀子の紙粘土細工で、マグネットになっています。

e0153425_17381721.jpg


20年前に手に入れたものですが、
あの震災を乗り越えてくれました。

とはいっても、さすがに無傷では済みませんでした。
ティーポットの注ぎ口が欠けています。

だからといって、手放す気にはとてもなれず、
こうしてショウウィンドウも飾ってもらっています。

メガネもツールとはいえ大事な身体の一部。
永くお使いいただければ、
と日ごろのメンテナンスをお勧めしています。

季節に1度、フィッティングやクリーニングをするだけで、
メガネが長持ちするだけでなく、
ベストコンディションでご覧いただくことができます。

どうぞ、お気軽にお申し付けください。
by funamotomegane | 2008-11-04 17:45 | あばうとあす
もうひとつ、私が、日常的に使っているメガネが、こちら。
シルエットのチタンカラーシリーズ。
e0153425_17373670.jpg

¥39000(税込、レンズ別)


ねじを使っていないだけでなく、テンプル(手)の部分には、
兆番そのものがありません。
e0153425_17383863.jpg

特殊なプラスチックとベータチタンの弾力性で顔にフィットするので、
装用感は、単に軽いだけでなく、かけていることすら忘れるほどです。

実際、かなり激しいスポーツをなさる方からも
大きなご支持をいただき、
二つ目三つ目をお持ちいただくお客さまもいらっしゃいます。

唯一のデメリットは、コンパクトにたためないことですが、
専用のケース、あるいは、私どもが探した使いやすいケースを
お付けいたしています。

よほど、かけ外しの機会の多い方でなければ、
老眼鏡としてお使いいただくにも軽くて快適です。

e0153425_1741893.jpg

さらに、玉型(レンズの形)が200種類以上の中から
お選びいただけますので、
きっとお気に召すメガネが出来上がると思います。
by funamotomegane | 2008-11-02 18:02 | フレームのお話