船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

20年振りの学校生活 8

病院実習の間は、一日中緊張しっぱなしでした。

基本的に眼鏡店には、メガネで視力が矯正可能なお客様がいらっしゃいます。
でも、病院には、いろんな原因や病気で、
眼の前にどんなレンズをおいても視力が変わらない患者さんも
たくさんいらっしゃるのです。

それでも、前回の検査との変化や、今の状態の把握のために、
毎回ドクターの診察の前に、
オートレフ、眼圧、裸眼視力、矯正視力を測ります。

毎日毎日ドキドキ、ドキドキ053.gif

実習生の指導役・視能訓練士のお姉さん方(もちろん私よりずっとお若いです)には、
いろいろ教えていただきました。
一番重要、とさんざん勉強させられたのは、
眼球の中のどこにピントが合っているか常に考える、ということです。

無限遠方を見たときに、網膜にピントが合う状態が正視です。
老眼になるまでメガネはあんまり必要ありません。

網膜の前にピントが合うのが近視です。
ピントが合う距離を伸ばして網膜に焦点が合うように、
凹レンズで矯正します。
e0153425_21113915.gif


反対に、網膜の後ろでピントが合うのが遠視です。
凸レンズで矯正します。
e0153425_2112656.gif


また、眼の縦方向と横方向(斜めのこともあります)で
屈折の度合が違うのが乱視です。
e0153425_21122212.gif


この患者さんは、裸眼では眼球の中のどこでピントが合っているのか、
目の前にこのレンズを置くと、ピントはどこで合うようになるのか、
それを常に意識するように、
それが師匠たちの教えです。

(の)
by funamotomegane | 2009-03-28 21:14 | 眼鏡学校

フレアー 863

いままでフレアー社のフレームは、
女性フレームばかりご紹介してきましたが、
男性用もカッコいい(笑)のがたくさんあります。

たとえば、モデル863
e0153425_191157.jpg

(画像クリックでもう少しきれいな画像が別窓で開きます。)

e0153425_19115265.jpg



シャープなエッジと
ナイロールタイプでありながら、
リムでかこわれたレンズシェイプは、
とても洗練されています。

ドイツ製で、チタンは使われていませんが、
軽く、掛け心地も満点です。
こういうフレームに出会うと、
チタンだけがすべてではないと思い知らされます。

ちょっと、おしゃれなメガネがかけたいが、
あまり突飛なのも・・・。
とおっしゃる方にお勧めです。
さりげなく、でもしっかりおしゃれです。


(H)
by funamotomegane | 2009-03-20 19:20 | フレームのお話

20年振りの学校生活 7


e0153425_19312320.jpg

今日は、最終学年のメインイベント、病院実習について書きます。

末っ子が小学生になり、少し時間に余裕もできて
お店の手伝いをしようと思った時、
学校に行かずにいきなり店で経験を積み、
通信教育、又は試験を受けて認定眼鏡士になることもできました。

でも夫(H)は、
「眼鏡学校のカリキュラムの、病院実習はとても勉強になるから
学校にかよったらどうか」
と勧めてくれたのです。

その、待ちに待った病院実習が始まりました。
私がお世話になったのは、国立病院機構大阪医療センターでした。
こちらの眼科に、ひと月通いました。

眼科のドクターではなく、ORT(視能訓練士)の方たちに指導していただきました。
視能訓練士とは、斜視や弱視患者を対象とした視能訓練をする方たちですが、
今では訓練的なものよりも検査技師的な要素が大きくなっており、
医師が正確な診断を下すために必要な検査をされています。

病院では、まず患者さんの眼圧やオートレフ、裸眼視力を測ります。
眼圧は目にシュポッと空気のかかる検査です。
オートレフは近視・遠視・乱視の度合(屈折力)を測る機械です。

その他にも、今お持ちのメガネの度数を測ったり、
視野検査や、角膜内皮細胞の数を測る検査をしたり、
いろんな検査の見学もしました。

(の)
by funamotomegane | 2009-03-19 19:30 | 眼鏡学校