船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0153425_22491051.jpg


先々週から眼鏡専門学校の後期の授業が始まりました。

業界資格、認定眼鏡士SS級の資格を取るためには
日本に5校ある眼鏡専門学校を卒業しなくてはいけません。

残念なことに、眼鏡士の資格は国家資格ではないので、
無資格でも、何の勉強もしていなくても、
眼鏡屋をすることはできます。

でも、昔医療器具だったメガネを、何の知識もなく扱っていいのでしょうか。

無資格者がメガネを扱っている国は少数です。

業界ではもう何十年も眼鏡士を国家資格に、と国に働きかけていますが
なかなか実現しません。

そのため作ったのが、業界独自の資格、認定眼鏡士です。

(H)は今年も眼鏡学校で講師をします。
そのため金曜日の午前中はお店の方は留守にしています。
ご了承のほどよろしくお願いします。


(の)
by funamotomegane | 2010-09-25 23:01 | 眼鏡学校
e0153425_17322384.jpg


このたび、フナモトメガネは、ニコン・エシロール社の厳しい審査を合格し、境目のない遠近両用レンズ、バリラックスのエキスパート、限定販売店(ナチュラルビジョンショップ)に認定されました。

遠近両用メガネレンズは、豊かな知識と豊富な経験をもった眼鏡技術者にのみ、適正なご提案が可能な、精密な設計によるメガネレンズです。世界初の累進設計(境目のない)遠近両用メガネレンズ、バリラックスは、現在も世界の遠近両用レンズをリードし続けています。

私どもでは、初代バリラックスが発表されたときから、先代が試験装用を重ね、後発のいかなる累進レンズ(境目のない遠近両用レンズ)より見え方が自然で安定しているという結論に達しました。また、現在も数え切れないほどの新しいレンズが開発されていますが、(H)と(の)もバリラックスを自信を持っておすすめしています。

フナモトメガネでは、バリラックスエキスパート、限定販売店にのみ販売が許される、最高品質のバリラックスシリーズをご提案しています。

皆様のさまざまなニーズにお応えするべく、テストレンズも各種取り揃え、お越しをお待ち申し上げています。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りくださいませ。


(H)
by funamotomegane | 2010-09-17 17:54 | レンズのお話

夏の思い出

今年の夏は、特別暑かったように思います。
皆さん、いい夏の思い出は、できましたか?

この時期、調整にご来店いただくお客様は、
まず間違いなく蝶番にトラブルをお持ちです。

e0153425_1715266.jpg


たとえば、ローデンストックのフレーム。
最高級ライン、EXシリーズには、
「ローダフレックス」という特殊な蝶番が装備されています。

きわめて精緻なメカニズムで、装用感を高め、
衝撃から顔やフレームを守る、すぐれた機構です。

が、精緻ゆえの問題もあります。

汗やほこりが、スプリングなどに付着すると、
せっかくのメカニズムも機能しなくなります。

スプリングが引っ掛かるようになったり、
開いたまま閉じなくなったり。

ご安心ください。
洗浄と給油などのメンテナンスで復活します。

また、スプリングでない通常の蝶番でも同様に、
汗やほこりが原因のトラブルがあります。

蝶番のネジに付着した汗などの水分が、
ほこりを呼び、蝶番を固着させるのです。

テンプルが固くなった、たためない、そんなときは、
無理にたたもうとなさらず、お持ちください。

こういった「症状」が出ていない方のフレームも、
一夏のご使用で、くたびれていると思います。
どうぞ、お気軽にお持ちください。

普段の洗浄と調整で、
フレームは、ずっと長持ちします。
by funamotomegane | 2010-09-14 17:24 | フレームのお話
e0153425_1651088.jpg


先日来店したフレームメーカーの営業さんが力説していきました。
「日本人はサングラスをかけている人が少なすぎる!!
 サングラスをかけると本当に目がラクで、眉間にしわをよせずに済むのに!」

確かに確かに。
そこで彼と一緒に、「日本人にサングラスを!普及委員会」を作りました。
会員は私達と彼だけですが^_^;

ようやく、真上から照り付ける、
夏のじりじりした日差しはやわらいできましたが、
春秋の横から差し込む陽射しもうっとうしいものです。

冒頭の画像はレトロなカザールのフレームに、
普通の度入りのレンズを入れたサングラスです。
普通のレンズにカラーを入れています。

e0153425_16565065.jpg

これも、ミュニック(独)のフレームに調光レンズを入れたサングラス。
室内では普通のメガネになります。
e0153425_16581444.jpg


詳しくはこちらの記事をご参照ください。

そして今日は「偏光レンズ」のご紹介です。

光は縦波と横波があるのですが、そのうち一方をカットするのが偏光レンズです。
(両方カットすると暗くて見えませんからね)
普通の色つきレンズよりも反射をカットするので、
ぎらつきやまぶしさが抑えられます。
ゴルフや釣りをされる方はご存知かもしれませんね。

見え方の違いは日本レンズのHPをご覧ください。

お気に入りのフレームに、
用途に応じたレンズをチョイス、
オリジナルサングラスなら掛け心地満点!

みんなでサングラスをかけて、眉間のシワとおさらばしましょう!!

(の)
by funamotomegane | 2010-09-11 17:14 | レンズのお話
e0153425_15481055.jpg


シルエットのエンヴィソシリーズ。
そのフロスティーホワイトをお求めいただきました。

若い女性でしたので、
レンズの厚みを気になさるかも知れません。

いわゆる縁なしメガネは、
レンズの厚みがむき出しになるため、
敬遠なさる方もいらっしゃいます。

でも、今回は、レンズの縁を艶消し仕上げにして、
フレームとの一体感を高めることで、
むしろ、クールなイメージがアップしたと思います。

e0153425_15524498.jpg


お客様にもお気に召していただけたようで、
ほっとしています。



メガネレンズの厚みは、さまざまな方法で、
薄く、あるいは、目立たなくすることができます。

たとえば、近視の方、
凹レンズの厚みが気になる方。

リンドバーグのエアチタニウムシリーズは、
ある程度以上の厚みがないと、加工できません。

小さな玉型のフレームをお選びいただくと、
同じ度数でもずいぶん薄く仕上がります。

屈折力の強いレンズをお選びいただくと、
それだけで厚みは抑えられます。
これは、凸レンズの方にも言えることです。

また、凸レンズで厚みが気になる方は、
フレームの玉型に合わせた、オーダーで、
かなり厚みが軽減されます。

度数が強いから、レンズが厚いから、
と、メガネを敬遠なさっていませんか?

どうぞ、お気軽にご相談ください。



(H)
by funamotomegane | 2010-09-09 16:04 | レンズのお話