船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0153425_0224757.jpg


こちらでも紹介したOWPのフレーム
サングラスでお買い上げいただきました。

少し大ぶりなデザインが、
サングラスにもピッタリです。



サングラスの色は、基本的に、
お好きな色をお選びいただけばいいと思います。

目にいい色、
としてブラウン系が紹介されることもありますが、

濃い色になると、グリーンやグレーの方が、
目には楽かもしれません。

一方、イエロー、オレンジ系など、
コントラストを高める色もあります。

ご要望に応じて、アドバイスさせていただきますが、
お色の種類はどうぞお好みで!

ただ、「濃さ」には、意外な落とし穴があります。

カラーサンプルをご覧いただくとき、
運転用など濃い色をご希望でない場合、
多くの方は、薄めの色をお選びになります。

でも、特にグラデーションカラーの場合、
染色時の技術的な問題で、上ほど濃くなります。

ご安心ください。その部分の濃さは、
気になさらなくていいと思います。

e0153425_0231814.jpg


フレームに合わせてレンズを削るとき、
その部分は、削り落としてしまいます。

その結果、予想より明るい仕上がりになります。
なんだか物足らなく感じる方もいらっしゃいます。

e0153425_023373.jpg


このお客様の場合も、
濃すぎてかける場所を選ばないかご心配でしたが、
出来上がりはこの通り、とても上品に仕上がりました。

濃い色のサングラスがほしい季節ですが、
淡い色で通年お楽しみいただくのもいいと思います。

どうぞ、お気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2015-07-31 00:24 | レンズのお話

サングラス、いろいろ

e0153425_2248259.jpg


夏です。
サングラスの季節です。

サングラスの理想は、大きくて、
目をしっかり守ってくれること。

e0153425_22515719.jpg


でも、度数の研磨されたレンズには、
大きさに限界があります。

近視の方は、凹レンズで矯正しますから、
大きくなるほど、周辺が分厚くなります。

ですから、いわゆる度付きサングラスには、
限界がありました。

しかし、ご安心ください。
シルエット社には、名案があります。

e0153425_22522953.jpg


顔をしっかり覆う大きなサングラスですが、
その内側に矯正レンズをはめ込むスタイルです。

必要最小限度の大きさで、
しっかり効果をあげることができます。

基本価格は、38000円
インナーグラスは、12000円から

お気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2015-07-26 22:53 | フレームのお話

フォックススタイルのメガネで、思い出しました。

祖父の時代に仕入れたであろうデッドストック。

かすかな記憶を頼りに、古いトランクを開けました。

ありました!

1本だけ、これぞフォックス!というフレームが。

e0153425_2244380.jpg


終戦直後から、昭和20年代後半、
おそらく1950年前後と思われる、
アメリカ、ハドソン社のメタルフレーム。

驚いたことに、50年以上昔のフレームのはずが、
まだまだ美しいではありませんか!

それもそのはず、12Kゴールドの厚張りでした。

さらに、ここしかない、というデコレーション。

ああ、残念。
もっと祖父に聞いておけばよかった。

そうだ!

眼鏡学校の長老先生に聞いてみることにします。
by funamotomegane | 2015-07-24 22:45 | フレームのお話

「フォックス」というデザインをご存知でしょうか?

e0153425_18163187.jpg


1960年代を舞台にしたアメリカ映画でよく見かける、
目じりがつりあがったデザインです。

映画やテレビにおいて、
関西弁がヤクザや高利貸しの使う言葉とされたように、
「ざあます」、「教育ママ」のイメージが強いようです。

しかし、もともとフォックス型は、
スマートな女性らしさを演出する、デザインです。

海外のTVドラマや映画では、
今で言う、「出来る女」がかけるメガネでした。

Perfect Numberのデザイナーさんによると、
現代の日本女性にこそかけて欲しい、ということで、
ヤマトなでしこにも似合うフォックスだをめざしたそうです。

e0153425_18192263.jpg


モデルは"SPORK"シリーズ
カトラリーを意識した、遊び心のある蝶番で、
サイズは、Φ51 □18 140mm
¥28000+消費税です。

なるほど、よく考えられたシェイプで、
置かれてあるのを見ると、たしかにフォックスですが、
かけてしまうと、むしろ柔らかなイメージです。

e0153425_18194127.jpg


(の)が、本気でかけたがっています。

あたらしいフォックス、なでしこフォックス、
お気軽にお試しください。
by funamotomegane | 2015-07-20 18:19 | フレームのお話
当店では、セル(樹脂)フレームのとり扱いは、
実は、あまり多くはありません。

それというのも、なかなか、これ!
というフレームが見つからないからです。

デザインは面白くても、
装用感に難があったり、
輸入フレームには、鼻パッドのないものも多く、
ずり落ちる原因にもなっていました。
そして、そもそも、セルフレームは重かった。

でも、見つけました!

国産、福井県は鯖江の手作りです。

ブランド名は、PERFECT NUMBER、
パーフェクト・ナンバー(完全数)です。

e0153425_15452068.jpg


まずは、Extreme04という男性枠からご紹介します。

通常の樹脂製フレームでは、
レンズをはめるための溝を掘るため、
どうしても縁は厚く、太くなります。

その結果、全体的にがっちりと太く、
ごついイメージのフレームが多くなります。

e0153425_1546349.jpg


こちらのシリーズでは、逆転の発想で、
フレームには、T字状の逆溝が用意されます。

ナイロールフレームのように、
レンズに溝を掘ってフレームにはめ込みます。

e0153425_15473891.jpg


これだけで、フレームのフロント部は、
驚くほど薄く、すっきり仕上がります。

e0153425_154839100.jpg


それだけでなく、テンプルの芯には、
軽量で弾力性のあるベータチタンが使われ、
こめかみ部を薄くすることで、
太いつくりの樹脂フレームとは、
とても思えない弾力性を実現しました。

e0153425_15494492.jpg


シリコン製の鼻パッドも、
装用感の向上に一役買っています。

お顔にあわせてフィッティングできる、
鼻パッドは、快適なかけ心地をお約束します。

フロントはすっきりした仕上がりで、
テンプルは、しっかりと安定感抜群!

それなのに、信じられない軽さです。

そして、魅力の価格!
¥24.000.-(+消費税)
Φ55 □17 145



この夏は、鯖江の手作りフレームを重点的に
ご紹介したいと思います。

是非、お気軽にお立ち寄りください。
by funamotomegane | 2015-07-13 15:50 | フレームのお話
e0153425_1424671.jpg


先週末までの在庫一掃感謝祭がおわり、
たまった加工もひと段落つきました。

多くのお客様、
それに初めてのお客様にも
お越しいただきました。

ブログを見ました、の一言が、
どれだけ嬉しかったことか!

本当にありがとうございました。

実は、感謝祭が終わるのを
待ち構えている人たちもいます。

フレームメーカーの営業さんたちです。

これから、過酷な(笑)交渉が始まり、
続々と新しいフレームが入荷します。

新しく取引を始めるメーカーもあります。

どうぞお楽しみに!
by funamotomegane | 2015-07-04 01:43 | あばうとあす