船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ローデンストック R0229


ローデンストック、といえば、
ドイツ発祥の絶対的ブランドです。

以前の船本眼鏡店では、
エグゼクティヴな男性のお客様は、
ほぼ、例外なく、
ローデンストックをお選びいただいていました。

昨今、趣味や価値観が多様化して、
おしゃれな中高年の方ももずいぶん増えました。

変わらず、重厚路線を行くローデンストックも、
カジュアルラインを増やしたり、
時代に応じた商品が開発されています。

男性用フレームは、重厚だけどオジサン臭い。

女性用フレームは、マダムっぽくて嫌だわ。

ローデンストックのフレームには、
そんなイメージをお持ちではありませんか?

でも、シンプルでオーソドックスな女性用フレームは、
普段使いからフォーマルまで幅広くお使いいただけます。

そして、今回ご紹介するR0229は、
重厚なローデンストックの伝統を継承しつつ、
モダナイズに見事に成功しています。

e0153425_1056283.jpg


心配なほど細身で軽量ですが、
チタン製フレームは日本で加工されます。

こんなに細いテンプルですが、
ちゃんとバネ蝶番が装備されています。

e0153425_10564578.jpg


今風すぎる眼鏡は照れ臭いけれど、
オジサン臭いのも避けたいなあ。

最近こういう声をよく伺いますが、
そういう男性にぴったりです。

もうすぐ父の日ですが、
こんな素敵な眼鏡を見立ててあげてください。



ローデンストック R0229
Φ55 □17 145㎜
¥70.200.- + 消費税
# by funamotomegane | 2016-05-16 10:56 | フレームのお話
e0153425_030722.jpg


ねじを1本も使わない、
シルエットのリムレスフレーム。

その中でも人気なのは、
ヒンジがあって折りたためるタイプ。

普通のメガネからも違和感なく、
自然にかけ替えていただけます。

今回のお客様は、遠近両用で、
中間視野を確保したいとのご希望でした。

モデル4437は、玉型の天地が短く、
とてもシャープな印象です。

お客様のもう一つのご要望は、
優しい印象の玉型をかけたい、とのこと。

玉型デザインで天地の幅をたっぷりとると、
優しい印象になります。

それだけでなく、遠近両用レンズの場合、
度数の変化が穏やかになり、中間視野も広くとれます。

そこで、レンズは、累進帯が長め(22㎜)の
バリラックス・サロンをおすすめし、
玉型は、4457に変更しました。

e0153425_0303156.jpg


4437のシャープな印象を大きく損なうことなく、
デスクワークから室内利用、さらに、
ちょっとしたお出かけにもお使いいただけます。

当店では、さまざまなTPOに適応できる、
快適な遠近両用レンズをご提案いたします。

お気軽にご相談ください。
# by funamotomegane | 2016-04-25 00:30 | フレームのお話

糸を替えて「お色直し」

e0153425_22371227.jpg


いつものナイロールフレーム、

ナイロン糸の色を変えてみませんか?

ちょっと雰囲気が変わって楽しいですよ。

お色は、赤、ピンク、水色。

e0153425_22373298.jpg


左右の糸の交換、調整込で¥1000.-

是非、お試しください。
# by funamotomegane | 2016-04-15 22:37 | フレームのお話
シルエット社から
これ以上ないほどスリムな
プラスチックフレームが誕生しました。

素材は、シルエット社お得意のSPX。

普通のプラスチックフレームと
いったいどこが違うのでしょうか?

e0153425_180280.jpg


この細さ、薄さにご注目ください。

e0153425_1802941.jpg


通常のフレームの半分しかありません。

e0153425_18251024.jpg


なぜ、ここまで細く、薄くできたのでしょうか?

回答は、レンズのはめ方にあります。

このシリーズは、インライン・グレージング
という、特殊なシステムを採用しています。

以前ご紹介した、パーフェクト・ナンバー社の
T溝リムと同じ発想です。

ナイロールフレームと同様に、レンズに溝を掘り、
フレームの細い突起をそこにはめ込みます。

通常のフレームですと、リムに溝を掘り、
その溝にレンズをはめ込みます。

そのため、溝の深さの分、
リムは厚くならざるを得ません。

逆転の発想で、レンズに溝を掘ることで、
究極まで薄く細くすることが可能になりました。

e0153425_18165078.jpg


さらに、シルエット社のもう一つの特技、
ねじを使わないヒンジも見逃せません。

e0153425_184654.jpg


重量は、わずか、10.6グラム!
これは、リムレスフレームとほぼ同じ!

e0153425_184211.jpg


フレームによっては、リムレスよりも軽い!

e0153425_1844249.jpg


まさに、究極です!

リムレスは軽いけど個性がない。
プラスチックフレームは、個性的だけど重い。

そういう一長一短は、確かにあります。

しかし!

このフレームは、個性をアピールしつつ、
抜群の装用感をお約束します。

ボストンスタイルの1559が、
Φ51 □15 140㎜

横長ウエリントンの2884は、
Φ52 □18 140㎜

価格は、¥39000.- + 消費税 です。


ご自身の手で、お顔で、是非、お試しください。

ご来店、お待ち申し上げております。
# by funamotomegane | 2016-04-07 18:05 | フレームのお話
4月、進入学の季節になりました。

お子様たちの学校での視力検査に、
ドキドキの保護者の方も多いと思います。

学校での検査は、スクリーニング、
つまり、おおざっぱなふるい分けです。

むしろ、そのあとの眼科受診が大切です。

視力測定に時間をかけてくださる眼科、
できれば小児眼科の受診をお勧めします。

そして、メガネが必要という処方箋が出たら、
躊躇なくメガネをかけさせてあげてください。

お子様の、これからの長い学校生活に、
かならず、お役に立ちます。

船本眼鏡店では、特に小中学生むけに、
スペシャルセールを開催中です。

フレーム+レンズで¥10000.-

e0153425_17494496.jpg


あんなフレーム、あのフレームも、
レンズとセットで1万円!

お気軽にお立ち寄りください。
# by funamotomegane | 2016-04-02 17:49 | フレームのお話