船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:フレームのお話 ( 250 ) タグの人気記事

お尻の下から 2


こういうことは不思議なほど続きます。

e0153425_14263346.jpg


またしてもお尻の下から出てきたそうです。

(実は、大事には至っていませんが、4人目です。)

この場合は、私の手には負えません。

それでも、メーカーが対応してくれます。

e0153425_14265268.jpg


フロントパーツを丸ごと交換しました。

めでたし、めでたし。



とはいえ。

お尻の乗りそうなところに、
眼鏡を置くのは、やめましょう。
by funamotomegane | 2017-04-03 14:26 | フレームのお話
e0153425_16222397.jpg


北欧デンマークからモノクールがやってきました。

樹脂とβチタンのハイブリッドフレーム。

でも、一番の特徴は、3Dプリンター技術の応用です。


特殊な樹脂を使うことで軽量化を実現。

e0153425_16223776.jpg


一般的な樹脂フレームより30%前後軽くなりました。

e0153425_1622452.jpg



実は、この軽さをお気に召していただいて、
早々にお買い上げいただきました。

プライスタグの用意もにまま。

こういう大きいフレームをざっくりかけたかってん。

以前、一世を風靡したスポーティーなツーブリッジも
21世紀の技術でよみがえりました。


女性におかけいただきやすい、
カラフルでガーリーなフレームや
アヴァンギャルドなデザインもラインナップ。


お気軽にお立ち寄りください。
by funamotomegane | 2017-03-31 16:07 | フレームのお話
前回の画像で、スペースシャトルオービターが、
ちょこんと登場しました。

e0153425_1610359.jpg


人類の宇宙開発に偉大なマイルストーンを残した、
NASAのスペースシャトル計画。

e0153425_16102258.jpg


実は、ねじを一本も使わないメガネフレーム、
シルエット・ミニマルアートシリーズは、
そのシンプルさとメンテナンスフリーという性能から、
スペースシャトル計画で制式採用されていました。

精密機器の集合体でもあるスペースシャトル船内で、
ネジや部品がどこかに紛れ込むと、
計画そのものの安全を脅かします。

その点、ねじを一本も使わない、
ミニマルアートシリーズなら安心です。

そんなシンプルで装用感も抜群のミニマルアートシリーズから、
特別なシリーズが発表されました。

これは、2006年のスペースシャトル・アトランティス搭乗の
宇宙飛行士たちに採用され10周年を記念するものです。

今回は、遠近両用にも使いやすい大きめの玉型に加え、
レンズとフレームを固定するパーツがカラーになりました。

目元のさりげないおしゃれをお楽しみください。

今ならシルエットのロゴ入りスマホバッテリーをプレゼント!

e0153425_16103939.jpg


プレゼントには限りがございますので、どうぞお早めに!
by funamotomegane | 2016-09-18 16:11 | フレームのお話
e0153425_16153736.jpg


暑い毎日が続きます。

お変わりありませんか。

メガネだけでも爽やかさをお届けします。

YコンセプトからYC204

Φ50㎜ □15㎜ 140㎜

見た目、かなり、地味です。

でもよくよく見れば、凝ってます。

色も軽くメタリックの効いた "sakura" 。

e0153425_1618753.jpg


ねじを1本も使っていないので、

緩んだり狂ったりもほとんどありません。

そして、何よりも軽い!

羽のような装用感です。

暑い夏も軽快に乗り切りたいと思います。


夏休みのお知らせです。

8月13日(土)~ 17日(水)まで

夏休みをいただきます。

何卒よろしくお願い申し上げます。
by funamotomegane | 2016-08-09 16:23 | あばうとあす
e0153425_13581680.jpg


ルーカス・ド・スタールが手作りするレザーフレーム、
ミノタウルシリーズ。

そのスタンダードなボストン型を
美しいブルーでご注文いただきました。

当店の在庫にはなかったため、
フランス本国への発注でしたが、
ひと月ほどで無事届きました。

やはり、美しい!
青い色の扱い方がとても上手い!

ご注文いただいたのは、メガネがお好きで、
コレクションもたくさんお持ちの若い男性。

ただ、素材のレザーが残りわずからしく、
もう、再作はできないかもしれないそうです。

それでも、新しい素材を採用して、
レザーフレームは、これからも作るとのこと。

圧倒的な個性とソフトな装用感を
是非、ご自身でお確かめください!


価格は、¥135000~
(展示品は、御値引きも可能です。)
by funamotomegane | 2016-07-27 13:52 | フレームのお話

S-9.25 vs Yコンセプト

e0153425_13503634.jpg

S-9.25というと周辺部は、なかなか分厚いレンズです。

それでも、こんなにすっきりまとまりますよ!
というお話です。

こちらのお客様は、PD(瞳孔間距離)も62㎜と、
標準的なデータです。

フレームは、YコンセプトのYC-03。
特別小さな玉型でもありません。

e0153425_13511957.jpg


ただ、鼻幅がたっぷりあるので、
レンズの内寄せは少なくて済みます。

つまり、分厚い周辺部を
たっぷり、ごっそりそぎ落とせるのです。

e0153425_13513743.jpg


その結果、ここまですっきり仕上がりました。

レンズの厚みが気になる方は、
どうぞお気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2016-07-25 13:41 | レンズのお話

30年ぶりの表舞台


いつもご夫婦でおいでいただくお客様、
今回は、奥様のご依頼でした。

パソコン用に中近両用がほしい、
とのことです。

うかがえば、もうお使いになっていない、
昭和60年お買い上げのフレームもお持ちとのこと。

e0153425_1521317.jpg


拝見すると、とても丁寧にお使いなので、
そのフレームにもうひと働きしてもらうことに。

当時は、ガラスレンズが入っていました。
薄いブラウンカラーの最先端のレンズでした。

e0153425_15214960.jpg


とはいえ、ガラスは、やはり重いですね。
各所を磨きなおし、見事によみがえりました。

お宅に古いメガネフレームは眠っていませんか?
玉型が大きく時代を感じさせるかもしれません。

でも、そういう玉型は、中近両用には、
とてもお使いいただきやすいと思います。

レンズの設計にもよりますが、
遠方部分もたっぷり確保できる可能性があります。

パソコン、読書のシーンを快適に過ごしたい、
そうお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

古いフレームにも再び活躍してもらえることでしょう。
by funamotomegane | 2016-06-19 15:21 | レンズのお話
e0153425_10501738.jpg


先日、メガネの聖地、福井県鯖江市で開かれた、
メガネ ベスト コンテスト2016で、
デザイン88が見事!グランプリを受賞なさいました!

デザインだけではなく、
機能性も装用感も抜群です。

グランプリに輝くフレーム、
是非、お手に取ってお確かめください。
by funamotomegane | 2016-06-10 10:50 | フレームのお話
ワンランク上のセンスでご好評いただいている、
ドラジェ。

新入荷の2つのシリーズをご紹介します。

〇チェーン

e0153425_1763663.jpg


サーモンピンクとエメラルドグリーンの「鎖」に
白い長モダンが印象的な「チェーン」の夏色。

Φ53 □16 142㎜
¥45600+消費税

〇ドット

e0153425_1771679.jpg


どこがドット(点)かというと、
こめかみの先端です。

e0153425_1783678.jpg


このモデルは、玉型がとても個性的!
でも、ちょっとみただけでは、気づきません。

e0153425_1785020.jpg


よくよく、玉型を見ると、
縦のラインが、下方に広がっています。

細身の玉型特有のシャープさが、
このデザインでは、優しい柔らかさで表現されます。

Φ52 □16 142㎜
¥45600+消費税

ドラジェのシリーズは、どれもカラーヴァリエが豊富です。
色違いで、ずいぶんイメージが変わるのも楽しいシリーズ。

お気軽にお立ち寄りください。
by funamotomegane | 2016-05-30 17:07 | フレームのお話

ローデンストック R0229


ローデンストック、といえば、
ドイツ発祥の絶対的ブランドです。

以前の船本眼鏡店では、
エグゼクティヴな男性のお客様は、
ほぼ、例外なく、
ローデンストックをお選びいただいていました。

昨今、趣味や価値観が多様化して、
おしゃれな中高年の方ももずいぶん増えました。

変わらず、重厚路線を行くローデンストックも、
カジュアルラインを増やしたり、
時代に応じた商品が開発されています。

男性用フレームは、重厚だけどオジサン臭い。

女性用フレームは、マダムっぽくて嫌だわ。

ローデンストックのフレームには、
そんなイメージをお持ちではありませんか?

でも、シンプルでオーソドックスな女性用フレームは、
普段使いからフォーマルまで幅広くお使いいただけます。

そして、今回ご紹介するR0229は、
重厚なローデンストックの伝統を継承しつつ、
モダナイズに見事に成功しています。

e0153425_1056283.jpg


心配なほど細身で軽量ですが、
チタン製フレームは日本で加工されます。

こんなに細いテンプルですが、
ちゃんとバネ蝶番が装備されています。

e0153425_10564578.jpg


今風すぎる眼鏡は照れ臭いけれど、
オジサン臭いのも避けたいなあ。

最近こういう声をよく伺いますが、
そういう男性にぴったりです。

もうすぐ父の日ですが、
こんな素敵な眼鏡を見立ててあげてください。



ローデンストック R0229
Φ55 □17 145㎜
¥70.200.- + 消費税
by funamotomegane | 2016-05-16 10:56 | フレームのお話