船本眼鏡店   フナモトメガネ      SS級認定眼鏡士夫婦 メガネ大好きブログ


by funamotomegane
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:レンズのお話 ( 60 ) タグの人気記事

S-9.25 vs Yコンセプト

e0153425_13503634.jpg

S-9.25というと周辺部は、なかなか分厚いレンズです。

それでも、こんなにすっきりまとまりますよ!
というお話です。

こちらのお客様は、PD(瞳孔間距離)も62㎜と、
標準的なデータです。

フレームは、YコンセプトのYC-03。
特別小さな玉型でもありません。

e0153425_13511957.jpg


ただ、鼻幅がたっぷりあるので、
レンズの内寄せは少なくて済みます。

つまり、分厚い周辺部を
たっぷり、ごっそりそぎ落とせるのです。

e0153425_13513743.jpg


その結果、ここまですっきり仕上がりました。

レンズの厚みが気になる方は、
どうぞお気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2016-07-25 13:41 | レンズのお話

30年ぶりの表舞台


いつもご夫婦でおいでいただくお客様、
今回は、奥様のご依頼でした。

パソコン用に中近両用がほしい、
とのことです。

うかがえば、もうお使いになっていない、
昭和60年お買い上げのフレームもお持ちとのこと。

e0153425_1521317.jpg


拝見すると、とても丁寧にお使いなので、
そのフレームにもうひと働きしてもらうことに。

当時は、ガラスレンズが入っていました。
薄いブラウンカラーの最先端のレンズでした。

e0153425_15214960.jpg


とはいえ、ガラスは、やはり重いですね。
各所を磨きなおし、見事によみがえりました。

お宅に古いメガネフレームは眠っていませんか?
玉型が大きく時代を感じさせるかもしれません。

でも、そういう玉型は、中近両用には、
とてもお使いいただきやすいと思います。

レンズの設計にもよりますが、
遠方部分もたっぷり確保できる可能性があります。

パソコン、読書のシーンを快適に過ごしたい、
そうお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

古いフレームにも再び活躍してもらえることでしょう。
by funamotomegane | 2016-06-19 15:21 | レンズのお話

糸を替えて「お色直し」

e0153425_22371227.jpg


いつものナイロールフレーム、

ナイロン糸の色を変えてみませんか?

ちょっと雰囲気が変わって楽しいですよ。

お色は、赤、ピンク、水色。

e0153425_22373298.jpg


左右の糸の交換、調整込で¥1000.-

是非、お試しください。
by funamotomegane | 2016-04-15 22:37 | フレームのお話
e0153425_0224757.jpg


こちらでも紹介したOWPのフレーム
サングラスでお買い上げいただきました。

少し大ぶりなデザインが、
サングラスにもピッタリです。



サングラスの色は、基本的に、
お好きな色をお選びいただけばいいと思います。

目にいい色、
としてブラウン系が紹介されることもありますが、

濃い色になると、グリーンやグレーの方が、
目には楽かもしれません。

一方、イエロー、オレンジ系など、
コントラストを高める色もあります。

ご要望に応じて、アドバイスさせていただきますが、
お色の種類はどうぞお好みで!

ただ、「濃さ」には、意外な落とし穴があります。

カラーサンプルをご覧いただくとき、
運転用など濃い色をご希望でない場合、
多くの方は、薄めの色をお選びになります。

でも、特にグラデーションカラーの場合、
染色時の技術的な問題で、上ほど濃くなります。

ご安心ください。その部分の濃さは、
気になさらなくていいと思います。

e0153425_0231814.jpg


フレームに合わせてレンズを削るとき、
その部分は、削り落としてしまいます。

その結果、予想より明るい仕上がりになります。
なんだか物足らなく感じる方もいらっしゃいます。

e0153425_023373.jpg


このお客様の場合も、
濃すぎてかける場所を選ばないかご心配でしたが、
出来上がりはこの通り、とても上品に仕上がりました。

濃い色のサングラスがほしい季節ですが、
淡い色で通年お楽しみいただくのもいいと思います。

どうぞ、お気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2015-07-31 00:24 | レンズのお話

ヴァリラックス・サロン

e0153425_16545543.jpg

ニコン・エシロールから
究極の中近累進レンズの登場です。

中近両用レンズのご相談を受けるとき、
お話をよくうかがうと、行動的な方が多く、
PCやデスクワークと同様、あるいは、
それ以上に外出時間が多い傾向があります。

そのため、船本眼鏡店では、
敢えて、中近両用にこだわらず、
使い勝手の良い遠近両用をお勧めしてきました。

実際、中近をお求めいただいても、
つい、外にかけて出かけて困る、
というかたも何人かいらっしゃいました。

そこで、ヴァリラックス・サロンの登場です。

一言で言えば、長い累進帯の採用で、
歪み、ひずみを軽減し、
快適な視野を広く確保しています。

e0153425_16552555.jpg


通常のアイ・ポイントで、
すでに20%の加入が始まり、
PCにちょうど使いやすい度数になります。

さらに、9mm上方に遠用度数を設定されているので、
すこしずらし気味にかけることで、
遠くもくっきりすっきり見えます。

アイ・ポイントから下方へは、
通常の遠近両用レンズのように、
13mmでのころ80%の加入度数が入ります。

つまり、累進帯長
9+13=22mmの遠近両用レンズということで、
遠方もはっきり見るためには、
約30mmの天地(上下)幅が必要です。

(累進帯長9+11=20mmの設定もあり、
その場合は、28mmの天地が必要です。)

e0153425_16554366.jpg


今までの遠近両用と比べると、
少々フレームの制限はありますが、
この快適さは、今までにないものです。

初めての遠近両用にもおすすめ!
お気軽にご相談ください。
by funamotomegane | 2015-05-25 16:55 | レンズのお話

コンテスでサングラス


午年イチオシのブランド、コンテス。

ホースヘアーモチーフも鮮やかな、
CM601モデルを
サングラスとしてオーダーいただきました。
e0153425_1703665.jpg

カラーは、グレイスパープル50%のハーフ

とても上品なサングラスに仕上がりました。
e0153425_1705396.jpg

色の名前に続く数字は、可視光線のカット率、
つまり、この数字が大きいほど、濃くなります。

ハーフ染色でレンズの染色をオーダーいただく場合、
カラーサンプルでお選びいただく濃さより、
1ランク濃いものをおすすめしています。

サンプルでご覧いただく色の濃さは、
レンズの一番上の濃い色が印象に残りますが、
眼鏡として仕上げる段階で、ほとんどの場合、
その部分はカットされてしまいます。

仕上がって見ると、なんだかもの足らない。
そんな感想を持たれる方が多いからです。

こちらのお客さまの場合も、
当初、35%をお選びでしたが、
提案にご納得いただき、50%でおつくりし、
とてもご満足いただきました。

レンズの染色は、
なかなか答えが見出しにくい問題ですが、
どうぞ、何なりとお問い合わせください。


(H)
by funamotomegane | 2014-03-04 17:01 | レンズのお話

とてもコンパクトなYC-02ですが、
ヴァリラックスのトップグレード、
ヴァリラックスSでおつくりしました。

ヴァリラックスエキスパートならではの、
スペシャルなレンズです。

e0153425_16203396.jpg

Hさまにお許しを頂き、掲載させていただきました。

こう見えて、上下幅が32mmあるので、
実は、無理なく余裕の遠近両用です。

e0153425_1620473.jpg


モデルYC-04(パープル)も入荷!
ますます充実のラインナップです。

e0153425_1621688.jpg


新しい発想のYコンセプト、
是非、お手にとって、お確かめください。


(H)
by funamotomegane | 2013-09-06 16:25 | レンズのお話

普段は優しい小児科医のK先生、
ご趣味は、ロードバイク。
休日は、スパルタンに変身!

e0153425_16245622.jpg


アックスのオーバーグラス、
SG605Pをお使いいただいています。

普段の眼鏡の上からかぶせるだけなので、
バイクでも自動車でも重宝しています。

と、うれしいお言葉をいただきました。

605Pの「P」は、ポラライズ、
つまり偏光レンズでもあります。

色調を変えることなく、
コントラストがアップするので、
路面、水面、雪面、グリーンでの、
快適な視界が確保できます。

彼からの季節、当店一押しの
必須アイテムです♪
by funamotomegane | 2013-06-16 16:25 | フレームのお話
今年に入って、
高屈折レンズのご要望が続いています。

PIスーパーASは、
大阪・岸和田のレンズメーカー、日本レンズが作る、
n=1.90 世界最高屈折率のガラスレンズです。

たとえば、このお客様は、

R S-9.00 C-1.75 Ax180°
L S-8.00 C-1.75 Ax180°
PD:68mm

フレームは、ローデンストックのR4864
φ53mm / 鼻巾18mm

で、お作りしました。

e0153425_1694276.jpg


生地の厚み(左)も
加工後の厚み(右)も
ご覧のようにすっきり仕上がります。

e0153425_169554.jpg


このフレームは、マグネットクリップで
サングラスにもなりますが、
レンズの厚みに関係なくお使いいただけます。

e0153425_1610847.jpg


はずした前掛けのサングラスは、
ソフトケースで傷から守られます。

e0153425_16101612.jpg


ガラスレンズですので、
プラスチックと比べると重いのですが、
周辺部の厚みはかなり軽減されます。

お気軽にご相談ください。
きっと掛け心地スッキリ!の
ご提案をご用意して、お待ちしています。



(H)
by funamotomegane | 2013-02-05 16:11 | レンズのお話

ピンクの裏地がおしゃれな、
ロバート・マーク 226/081を
お選びいただいたのは、女子大生。

e0153425_17473690.jpg


度数が、S-8.00ということで、
厚みを気になさっていましたが、
ご覧の通り!

e0153425_17475078.jpg


n=1.70 の高屈折レンズを使い、
厚みを押さえて、すっきり仕上がりました。

e0153425_1747582.jpg


玉型や瞳孔間距離、レンズの屈折率など、
様々な条件が、うまく整ったためですが、
度数や厚みがご心配でしたら、
お気軽にご相談ください。

お客様に最善の提案をご用意しています。


(H)
by funamotomegane | 2013-01-29 17:49 | フレームのお話